2006年(平成18年)5月9日(火曜日)発行 日刊自動車新聞

次代への布石 転換期の国内流通市場

大都市圏照準に積極営業
FC加盟1万社体制構築へ

トータルサービス
山口 恭一社長

ビルの外壁再生クリーニングビジネスからスタートしたトータルサービスは現在、住宅関連や自動車関連ビジネスへと分野を拡大し、FC加盟店が600社に上る。「捨てない」、「壊さない」、「取り替えない」をテーマに、事業を展開する同社は、将来的にFC加盟1万社を目標に掲げる。山口恭一社長に今後の戦略を聞いた。

—自動車修理の「トータルリペア」の加盟店が増えている
「トータルリペアのコンセプトは『サービスを売る』としている。つまり、1人の技術者が多くのサービスを身につけることでアイドルタイムをなくすことを目指している。ユーザーと長く付き合っていくには、インテリアやホイールも含めた総合的なリペアを提供し、ユーザーの利便性を高めることが大事だ」
「また、リーズナブルな価格で提供しないといけない。これまでの軽板金は傷や凹みの大きさで価格設定していたが、本来は修理時間で価格を設定すべきだと考えている。デントリペアだと1時間で5カ所、軽板金でも2〜3時間で可能なため、時間ベースにすることで価格を安くできるだろう。トータルリペアは10年目を迎えたが、さらに10年、20年後にはこうしたコンセプトが定着すると信じている」 “2006年(平成18年)5月9日(火曜日)発行 日刊自動車新聞” の続きを読む

ビジョナリーベンチャー特集 ベンチャーの本質はビジョンにあり

—TOTAL SERVICE—

経営者データファイル
Kyoichi Yamaguchi’s data file

生年月日:1955年7月30日 出身:福島県
身長:168cm 体重:63kg
平均睡眠時間:7時間
平均起床時間:午前7時
趣味:ゴルフ、旅行、食べ歩き
乗っている車:メルセデス・ベンツS500
おススメ本:「占領を背負った男」(白洲 次郎)
今までに訪れた国:8カ国
座右の銘:何をするかではなく誰とするか
尊敬する人:大久保利通、吉田茂、白洲次郎
好きな食べ物:お寿司、焼き鳥、大市さんのすっぽん、おいとさんのおでん
嫌いな食べ物:まずい寿司

プロフィール:
山口 恭一(やまぐち きょういち)
1955年、福島県生まれ。高校卒業後に上京。レジャー会員権の販売会社に勤めた後、25歳で店舗の出張クリーニング業・山口商会を起業。2年後にはトータルサービスに改組。創業以来、「人づくり」を経営理念に掲げ、アメリカから斬新なリフォームビジネスを積極的に導入し、同社を急成長させる。創業以来23期連続黒字を達成。 “ビジョナリーベンチャー特集 ベンチャーの本質はビジョンにあり” の続きを読む

日刊工業新聞 1995年(平成7年)7.15 土曜日

創業烈伝 わが社の軌跡

トータルサービス社長
山口 恭一氏

「社長になる!」20歳の決意

「同級生が皆、有名大学に入ってね。くやしいし、彼らと比べられたくない。だから何がなんでも社長になろうと思った。それには創業するしかない」
山口恭一氏の原点は、福島から出てきて苦労した予備校生時代の思いにある。結局、大学進学を断念し、20歳でリゾート会員権の販売会社に入社。山口恭一氏はここで抜群の営業成績を上げた。
「飛び込みセールスで、しかも同じ人に2度は買ってもらえない商品。苦労しながら、営業の理論と実際を学んだ。営業に学校はないから、20歳には20歳の、40歳には40歳の売り方がある」
早くも次のステップである独立創業への模索を始める。会員権販売に未練はなかった。着目したのはクリーンビジネス。『汚れる仕事はすたれない』という言葉を聞いたからだ。 “日刊工業新聞 1995年(平成7年)7.15 土曜日” の続きを読む

1996.4.25 THE REFORM ザ・リフォーム 第264号

峰 如之介の増改築ショップ繁盛店ルポ

■みね なおのすけ〈プロフィール〉
ジャーナリスト。東京都生まれ。国学院大学に学び、経済評論家・亀岡大郎氏のもとで、取材活動を始める。その後建設産業新聞記者を経て日本コミュニティーを設立。著書に「ビジネスマンの逆襲」等多数。

店舗の出張クリーニングからスタートし、現在ではバスルームの再生、コーティングによるリフォーム事業をFC展開しているトータルサービス。見積り内容が不透明と言われるこの業界に於いて、同社では工事システムを2種類に限定し、見積りレスリフォームを実践している。このような工事システムの簡素化により粗利率80%を確保するFC事業体制について山口恭一社長に話を聞いた。

2種類の工事システムでバスドクター事業を展開

トータルサービス 社長
山口恭一氏 “1996.4.25 THE REFORM ザ・リフォーム 第264号” の続きを読む

THE REFORM ザ・リフォーム 1995.7.5

亀岡太郎のホンネ対談

■大正15年、京城生まれ。新大阪新聞経済部長を経て経済評論家となる。文芸春秋、サンデー毎日など一流紙で経済・財界問題を中心に、精力的な活動を続ける一方で「自動車戦争」「ゲリラ商法」「IBMの人事管理」などベストセラー多数。

外壁保全業のフランチャイズ展開を行なっているトータルサービスが、この7月から一般住宅市場をターゲットに、バスリフィニッシュ事業、「バスタブドクター」のFC展開をスタートした。同社はこれまでも海外の最新メンテナンス技術を導入したFCで事業拡大を図っており、この度一般住宅への切り込みは大いに注目される。今回は社長の山口恭一氏に登場いただき抱負を語って頂いた。

トータルサービス社長
山口恭一氏 “THE REFORM ザ・リフォーム 1995.7.5” の続きを読む

1996年(平成8年)5月23日(木曜日) 日本経済新聞

車体修理 安く早くトータルサービス

米社からノウハウ
10年後、FC1000店に

ビルの外装保全サービスなどを手掛けるトータルサービス(東京・新宿、山口恭一社長)は、自動車の車体のへこみや傷、シートの破れなどを低料金、短時間で修理するサービスを今夏から始める。板金塗装に比べて3分の1-4分の1の料金で済むうえ、へこみや傷の大きさによって料金を明確に設定するのが特徴。同社はFC(フランチャイズチェーン)方式で展開し、10年後の2006年度には1000店、売上高300億円を目指す。 “1996年(平成8年)5月23日(木曜日) 日本経済新聞” の続きを読む

POINT UP ポイントアップ

トータルサービスのアフターマーケット戦略

外装保全業の最大手、トータルサービス(本社:東京・新宿区、山口恭一社長)が米国方式による車両内外装の修復事業「トータルリペア」を日本で初めて導入し、全国でFC展開を進めている。

安く、早く、出張・手軽の米国スタイルを導入

米国では現在、ビル・住宅関連でのリフォームだけでなく、車両のメンテナンスやリペアについても合理的な考え方が進んでいる。これまでの板金塗装技術だけにたよることのない消費者ニーズにあった技術が多種多様に生み出されている。
同社が今回導入しフランチャイズ(FC)展開しつつあるトータルリペアは、その米国生まれの“安く”“早く”“出張で手軽に”に車両の内外装のリペア(修復)をおこなう複合ビジネスで、米国カー・リペア業界の最新企業、レッドライン・レストレーション社(本社:ミネソタ州ミネアポリス、ピーター・J・ファースト社長)との兼務提携によるものである。 “POINT UP ポイントアップ” の続きを読む

経営者のための戦略発想マガジン スコー 1996 Vol.23

ポイントアップ

(1)リペア:タバコの焼け焦げなどの小さな穴や痛みによる破れなどの修復
(2)同色系カラーリング:日焼けや傷みによる、あせた色戻し。古びて傷んだ対象物の穴やキズをリペアしたあと全体にカラーリングを施し、修復する技術。
(3)デオドラント(脱臭):車両内装や家具にしみ込んでいるタバコ臭やペット臭を除去する方法。除菌効果もある。
これらの修復方法についても、対象物やユーザーニーズによって組み合わせを変えていくことができる。 “経営者のための戦略発想マガジン スコー 1996 Vol.23” の続きを読む

T9611P01 成長の軌跡

ニーズは、探すものではなく、創り出すものだ

トータルサービス社長
山口恭一氏

アメリカから新しいクリーン・ビジネスを導入し、特殊メンテナンス分野に大きなニーズがあることを証明して見せた若き起業家・山口恭一社長の率いるトータルサービス。
そのきっかけは「汚れる商売はすたれない」という言葉だった。 “T9611P01 成長の軌跡” の続きを読む

毎日新聞 1997年(平成9年)8月20日 水曜日

ネバーワックス36
NEVER WAX 36

ワックスがけでも、コーティング加工(ポリマー、塗装面を樹脂で覆う)でも、ポリッシング(研磨)でもない、車体の新しいタイプの磨き上げ技術が登場した。原料に石油化学系ではなく、穀物を用いた水溶性の加工剤を使用するもので環境にやさしい。しかも業界初の3年間保証付きという触れ込みだ。早速、マイカーを持ち込んで磨き上がり具合を観察した。
【樽味 典明】 “毎日新聞 1997年(平成9年)8月20日 水曜日” の続きを読む