記事に見るトータルサービス

新商品開発

昭和59年(1984年)7月16日(月曜日)
日経流通新聞

ハウスクリーニング用器具
レンタル業務始める
トータル・サービス

主婦の手に負えない清掃を代行するハウスクリーニング業のトータル・サービス(本社東京、社長山口恭一氏)はハウスクリーニング用器具のレンタル業務に乗り出す。他人に清掃を任せる習慣は都市部を中心に徐々に広まってきたが、反面、寝室など一部の部屋に関しては依然、抵抗がある点に着目した。レンタルする器具と洗剤は同社の作業員が日常使用しているのとほぼ同じもの。
今年11月から、「リンサー」と呼ぶカーペット、たたみ用の掃除機を貸し出すが、これは洗剤の水溶液を吹きつけて洗浄するとともに、すすぎも一度にできる器具で、米国のメーカーにすでに50台発注した。1回あたりの貸出料金は3時間で3500円程度の予定。
東京都内の100世帯以上の中規模マンションの管理人室やクリーニング店にリンサーを置き、利用者がそこに出向けば借りられるようにする。一種の取次店制度だが、利用回数に応じて、設置店に手数料を支払う。
リンサーの使用に不慣れな主婦が多いことから、ちらしやポスターを常備する一方、デモンストレーションも実施する。「クリーンアップレディ」と名付けた女性の説明員を巡回させて、使い方を理解してもらうことにしている。

ここに注目!!

洗剤による洗浄とすすぎが一度にできる業務用掃除機を一般家庭にレンタル開始。