経営者のための戦略発想マガジン スコー 1996 Vol.23

ポイントアップ

(1)リペア:タバコの焼け焦げなどの小さな穴や痛みによる破れなどの修復
(2)同色系カラーリング:日焼けや傷みによる、あせた色戻し。古びて傷んだ対象物の穴やキズをリペアしたあと全体にカラーリングを施し、修復する技術。
(3)デオドラント(脱臭):車両内装や家具にしみ込んでいるタバコ臭やペット臭を除去する方法。除菌効果もある。
これらの修復方法についても、対象物やユーザーニーズによって組み合わせを変えていくことができる。

ユニークな法人登録制度
売上15億円地域に1FC

トータルサービスはこれまで、クリーニング事業としてハウスクリーニング、ウッドクリーニングのFC展開、また特殊メンテナンス事業として外装保全業「スパークル・ウォッシュ」、超音波ブラインド洗浄「ブラインド・マジック」、吸音材天井・内壁のクリーニングとカラーコーティング「シーリング・マジック」、さらにリフォーム再生事業として「バスタブドクター」のFC事業を展開し、現在、約300社のフランチャイジーを有している。
このため同社・トータルリペアのFCは、同社が現在展開しているFCのノウハウと、その展開実績からの教育(テクニカル・マネジメント・マーケティング)に特徴がある。
開業するまでの準備として、プロダクトや機械の使用方法、見積りの仕方、営業事例、工事事例が理解できるマニュアルが配布され、技術指導やマーケティング活動をサポート。
開業後も、各フランチャイジーの交換の場としての勉強会やオーナー会を開催するなどキメ細かく徹底したアフターフォローを行うためのバックアップ体制をとっている。
FC展開はエリア内に設置数をあらかじめ決めて加盟展開する方法を導入し、ショップによる店舗型展開と出張による無店舗型展開の選択、またその併用形態も可としている。
FCの設置基準数は、各県の中古車ディーラーの売上高に基づいて算出しており、中古車ディーラーを取り引き先のメイン・ターゲットにしていることをうかがわせている。
FCは3種導入のみならず、1種または2種導入の場合も1FCと数え、13大都市を含む都道府県では、中古車ディーラーの売上げ15億円に対して1FCを設置するという。
また、「法人登録制」というユニークな制度を導入している。法人営業先(中古車ディーラーなど)に関しては「法人契約を結び」、「本部に届出・登録する」ことでその法人営業先に対する優先権を獲得でき、他のFCとの競合を防ごうというものだ。