日経産業新聞 93年3月3日

トータル・サービス天井クリーニング事業 米社とFC展開

特殊メンテナンス業のトータル・サービス(東京、山口恭一社長、03・3363・1155)は、米国クースティック・グロー社(ミネソタ州ミネアポリス)と業務提携して、天井クリーニング事業を全国でFC(フランチャイズチェーン)展開する。床や窓は定期的にクリーニングが行われるが、天井のクリーニング・サービスは日本にはほとんどないことに着目した。異業種企業やサイドビジネス希望者に呼びかけ、93年度中に30店舗を出店するのを目標としている。
同社の天井メンテナンス「シーリング・マジック」では、クリーニングとカラーコーティングの2つのサービスを行う。クリーニングは、15種類の薬品を汚れの種類や素材に応じて使い分け、専用の噴霧装置で天井に吹き付ける。この特殊な薬品が、水性や油性のしみ・汚れを分子構造の単位で分解するとともに除菌する。
カラーコーティングはクリーニングの後、天井の吸音材の効果を妨げないコーティング剤を噴霧する。色は840種類の中から選べる。
国内のオフィスビル、学校、百貨店などを主なサービス対象とする。料金は1平方メートル当たり500-800円を設定している。
FC店は1店あたりの出店コストが、基本ロイヤルティー60万円、指導料80万円などを含めて約500万円。全国に93年度30カ所、95年度75カ所と増やし、97年度には100店舗にしたい考え。売り上げは94年度に10億円を目指す。