日刊工業新聞 93年3月4日

天井クリーニングシステム フランチャイズで展開
トータル・サービス 米から技術導入

トータル・サービス(東京都新宿区西新宿7の5の10、社長山口恭一氏、電話03・3363・1155)は、ビルの天井や内壁の汚れを落とし、除菌・消臭効果をもたらす特殊メンテナンス・システム「シーリング・マジック」の全国フランチャイズチェーン(FC)展開を始めた。これは91年に業務提携した米国クースティック・グロー社の開発によるケミカルを噴霧して汚れを落とす「サニタリー天井クリーニング」と吸音性のある粒子を吹き付けて彩色する「サニタリー天井カラーコーティング」のサービス。
FC展開にあたって、加盟店舗数は93年度30店、95年度75店、97年度100店を見込む。グループ目標売上高はFC加盟店と直営店合計で94年度10億円、96年度24億円、98年度33億円にもっていく考え。
サニタリー天井クリーニングは、吸音材やプラスチックなどの天井に特許を取得したケミカルを専用パワージェットで噴霧して汚れを落とす。ケミカルは天井に吹き付けると汚れを分子に分解するほか、除菌・消臭効果がある。
一方、サニタリー天井カラーコーティングは、吸音性があり、難燃性の粒子を天井に吹き付ける。これによって天井の吸音効果を保つとともに、火災時の燃焼を遅らせる。
FC展開はフランチャイジーの商圏を確保し、一地域内での競合を避けるため、原則として1市1社単位の地域本部制を採用する。ただし市以外の郡、町、村は自由競争とする。