企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.6

This Month Entre 今月の求む経営者

(株)トータルサービス 代表取締役
山口恭一(43歳)
Kyoichi Yamaguchi

「この商売をしたい」では駄目
「経営者を目指す意欲」
これが一番大切です

トータルサービスを育てた山口恭一氏が最初に会社を起こしたのは1980年、25歳のとき。しかし、やりたいことのために会社を作ったわけではなく、経営者になるために会社を作ったのだ。そのために営業型の経営者を選択した。
「独立する前、営業系の会社で5年間働きました。そこで学んだのはモノを売る方法、売らせる方法です。稼ぎはあったけれども、使う方も派手だったので(笑)、独立したときはお金もない、場所もない、人もいないという状態。そこで思いついたのが出張のインテリアクリーニングの領域だったんです。「汚れる商売はすたれない」というある先輩からの言葉にヒントを得たんです。しかもクリーニングの仕事は確実にリピートがあります。最初のうちは朝4時起き、学生アルバイトふたりと一緒に1日13〜14時間は働きました。休んだのも1年で1日だけだったと思います」 “企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.6” の続きを読む

企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.7

新規事業をどう進めるべきか迷っている(機械メーカー社長)

新製品を開発しても売り上げや利益に結びつかず、業績は悪化の一途をたどっている。何か新しい事業を手がけることで、業績を盛り返したいと考えているが、その際、どこに注意すべきかよくわからない。

回答者
トータルサービス社長
山口恭一

私自身の経験からいっても、新たな事業に進出する際には、次の4つの視点から検討する必要があります。
第1に、新たな事業が10年たっても顧客に支持される商品やサービスなのか、ということです。今は有望に見えても、長期的に見て社会的ニーズが低い事業は、いずれジリ貧になってしまいます。経営の柱には育ってくれません。 “企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.7” の続きを読む

企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.9

FCへの加盟を検討中。
本部を選ぶ際のポイントは(小売店社長)

新規事業として、フランチャイズチェーン(FC)への加盟を考えている。しかし、最近、FC本部と加盟店とのトラブルが目立つ。加盟に当たって、本部をどのような視点で見定めたらいいのかを教えて欲しい。

回答者
トータルサービス社長
山口恭一

当社は、FC本部と加盟店という2つの顔を持っています。例えば、ビルの外壁を洗浄する事業に関しては、米国の企業から日本市場を任されている加盟店の立場にあり、日本市場ではFC本部の役割を果たしています。そこで、本部と加盟店双方の立場から見たFC本部を選ぶ際のチェックポイントを挙げておきます。
モノ、支援体制、投資に対する回収といった具合に、3つに大きく分けることができます。 “企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.9” の続きを読む

企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.11

人脈を広げるにはどうすればいいか(精密機器メーカー社長)

事業を拡大するための知恵を借りようと、県や市の商工会や異業種交流会に参加して人脈を広げる努力をしている。しかし、「飲み会」に終始して、一向に参考になる話が聞けない。どうすれば本音が聞けるような人脈を築けるか。

回答者
トータルサービス社長
山口恭一

きつい言い方かもしれませんが、取引先など、すぐビジネスに直結する人以外には、見返りを求めないことです。たとえ、本音を語れるような親しい間柄になったとしても、見返りを求めていては目的が達成されたら、もうその人には興味を持たなくなるからです。相手に見返りを求めないことが、長期的には良い人脈を築くことにつながります。 “企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1998.11” の続きを読む

月刊経営塾 GEKKAN KEIEIJUKU 臨時増刊

契約交渉がうまく進まず困っている(雑貨卸社長)

取引契約などを結ぶ際、いつも納得いかない条件でサインしている。少しでも自社に有利な数字でと思うが、肩に力ばかり入って交渉がうまく進まないのだが…。

回答者
トータルサービス社長
山口恭一

ビジネスに限らず交渉は人間同士が同席して行うので、まず交渉相手となごやかな雰囲気をつくることから始めなければなりません。それには、双方のバックグラウンドを明らかにすることです。 “月刊経営塾 GEKKAN KEIEIJUKU 臨時増刊” の続きを読む

総力特集 ゼロからのビジネス戦記

「汚れる商売は廃れない」のセオリーをつらぬく洗浄ビジネスの先駆者

あのギョウカイ、この業界「起業の達人」列伝

トータルサービス
社長 山口恭一

やまぐち・きょういち 1955年7月生まれ、43歳。福島県出身。県下有数の進学校を卒業後、東大を目指すが受験に失敗。レジャー会員権のセールスマンをしながら、事業家を志す。「汚れる商売は廃れない」と聞き、店舗の洗浄事業に乗り出す。米国でフランチャイズビジネスを知り日本に導入する。創業以来連続黒字を持続している。

「汚れる商売は廃(すた)れない」という言葉を耳にした山口恭一氏が、レジャー会員権の営業マンから独立を決意したのは25歳の時だった。建物の外装クリーニングという典型的な3Kビジネスだが、現在、直営店のほかに300社ものFC加盟店を持つほどの不況知らずである。 “総力特集 ゼロからのビジネス戦記” の続きを読む

企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1999.3

広告を出しても反響がない
効果を上げる方法は?(消費財メーカー社長)

広告代理店の勧めで、雑誌に新商品の広告を出したが、消費者からの反応がもう一つ。費用をあまりかけずに効果が上がる広告の出稿方法を教えてほしい。

回答者
トータルサービス社長
山口恭一

「広告を出せば商品は売れる」という気持ちはありませんか。こういう消極的な姿勢では効果は上がりません。「どういう広告を出せば売り上げが伸びるのか」という前向きな姿勢に切り替えるべきです。 “企業家のための経営情報誌 NIKKEI VENTURE 日経ベンチャー 1999.3” の続きを読む

企業家のための経営情報誌 日経ベンチャー1999.5

経営相談
労務対策

優秀な中堅社員が退社したいと言い出した(小売業社長)

いずれ会社を担ってもらおうと期待していた中堅社員が突然、「会社を辞めたい」と言い出した。期待していただけに残念だ。会社に残ってもらいたいが、どう対応したらいいか。

回答者
トータルサービス社長 山口恭一

会社を辞めようとしている理由を探ることから始めてください。その社員は多分、成果が給与や人事に反映されていないと思い、不満が募っていたのではないでしょうか。 “企業家のための経営情報誌 日経ベンチャー1999.5” の続きを読む

NIKKEI VENTURE 1999.5

経営指南 広報活動

マスコミが記事に取り上げてくれない
事業に役立たないので縮小したい(家庭用品メーカー)

PR活動は大切だと思い、力を入れている。
しかし、なかなかマスコミが取り上げてくれない。
事業活動に全く役立っていないという声も社内にある。

回答者:トータルサービス社長 山口恭一

PR活動と聞くと、新聞やテレビなどに、会社や商品を取り上げてもらうことを考えがちです。しかし、マスコミに記事やニュースとして採用されることは容易ではありません。 “NIKKEI VENTURE 1999.5” の続きを読む

あなたが拓くあなたの航路 開業マガジン 2001年3月5日発行

フランチャイズでビジネスチャンスを提供したい

クリーンビジネスから入った山口恭一さんが、アメリカという市場と触れ合いフランチャイズに移行していったのは一つの大きなポイントだった。その中から、ビジョンである「フランチャイズのデパートをつくる」という発想も生まれてきた。
「フランチャイズのデパートをつくろうと思ったのは、中小企業が1業種ではやっていけない世の中になっているからです。住んでいる地域の人口はどんどん増えていくわけではないので、商売のパイは広がりません。ところがそこに大きな資本が入ってくると、合併されたり、立ちいかなくなったり。地方でしっかり根を張っている中小企業を見ると、何業種もやっていたりします。そういう意味でも、デパートにしようと思ったのです。それにフランチャイズはすべてパッケージになっていますから、いいとこ取りができる。異業種でもすぐに参加できるのが利点です」 “あなたが拓くあなたの航路 開業マガジン 2001年3月5日発行” の続きを読む