日本工業新聞 93年3月4日

トータル・サービス天井清掃をFC展開 米グロー社とマスター契約

ビルの外壁などメンテナンス事業を手掛けるトータル・サービス(社長・山口恭一氏、東京都新宿区、電話03・3363・1155)は、米国クースティック・グロー社(社長・ゲーリー・E・スミス氏、ミネソタ州)との間で、天井クリーニングサービスを日本で展開するマスターフランチャイジー契約を結んだ。国内でこのほどフランチャイジー募集を開始、93年度(2月期)内に30社、97年度には100社まで拡大する。98年度のグループ売り上げ目標は33億円。 “日本工業新聞 93年3月4日” の続きを読む

日経産業新聞 93年3月3日

トータル・サービス天井クリーニング事業 米社とFC展開

特殊メンテナンス業のトータル・サービス(東京、山口恭一社長、03・3363・1155)は、米国クースティック・グロー社(ミネソタ州ミネアポリス)と業務提携して、天井クリーニング事業を全国でFC(フランチャイズチェーン)展開する。床や窓は定期的にクリーニングが行われるが、天井のクリーニング・サービスは日本にはほとんどないことに着目した。異業種企業やサイドビジネス希望者に呼びかけ、93年度中に30店舗を出店するのを目標としている。 “日経産業新聞 93年3月3日” の続きを読む

月刊経営塾 連載<13>フューチャーカンパニー物語 トータルサービス

受験戦争の落ちこぼれ男が始めた米国流3Kビジネス

「日本人はガラスは熱心に拭いているが、外装はさわらない」。あるアメリカ人の言葉だ。実はこの言葉にこそ、建物の外装クリーニングというニッチ(隙間)産業のヒントがあった。そして、いち早くその産業に目を付けた一人の男がいる。それが、FC(フランチャイズ)制クリーン・ビジネスのフロンティア、トータルサービスの山口恭一社長だ。

予備校生から飛び込みセールスマンに一転

▼アメリカでは2000億円市場

「日本ではまだ、外壁を再生して長く使用しようという意識がビルオーナーの中で弱い。ただ、アメリカではメタルメンテナンスの市場は2000億円に達しており、日本でも潜在需要は相当あると思う」と、トータルサービス社長の山口恭一氏は言う。さて、「メタルメンテナンス」とは、あまり聞きなれない言葉だが、一体、どんなビジネスなのか。 “月刊経営塾 連載<13>フューチャーカンパニー物語 トータルサービス” の続きを読む

INTERVIEW 山口恭一氏 (株)トータルサービス社長

「社長」を夢見たアントレプレナー、(株)トータルサービス社長山口恭一氏の成功談!
ニュービジネス創造の“秘訣”教えます

山口恭一(やまぐち・きょういち)氏のプロフィール

1955年福島県出身。20代前半で経営者を志し、80年「汚れる商売はすたれない」を信念に25歳で独立。82年インテリア・クリーニング「山口商会」を(株)トータルサービスに改組。86年フランチャイズ(以下、FC)展開を開始(業界では、ダスキンに次いで2位、専業では日本一となる)。88年神社や木造住宅をクリーニングするウッドクリーニング事業に進出。89年特殊メンテナンス事業進出の第一弾として、米国最大手「スパークル・インターナショナル社」と業務提携してアジアのマスターライセンスを取得。以後、積極的な事業を展開。95年には米国バス・リフィニッシングのFC最大手「ワールド・ワイド・リフィニッシング・システム社/テキサス州」と業務提携を結び特殊メンテナンスに続く新規事業「バスタブドクター」のFC展開を開始。山口恭一社長の経営理念は「社内外にアントレプレナーを育成し続けることにより、収益性を向上させていく」。 “INTERVIEW 山口恭一氏 (株)トータルサービス社長” の続きを読む

独立開業 山口恭一の実践!起業成功のコツ

第1回 実践者として!
「人・金・場所が無くても」脱サラ起業で勝つ4つのポイント!

今回、私が起業を考えている方や新規事業導入を考えている経営者の方に、私自身が25歳で独立してから現在まで実践・経験してきたノウハウを役に立てていただく為に、新しく連載をさせていただくことになりました。
このような相談・ノウハウものは、巷間の雑誌にたくさんありますし、本も多数出ています。でも、私がみたところ、中には「毒にも薬にもならない?」というか、なかなか具体的・実践的に成果を上げるのが難しいものもあると思います。
ですから、ここでは「実践してきた私の経験」と、現在私が展開しているフランチャイズで「実際に事業展開している方」などを事例にして、より具体的により現場に即したノウハウを公開し、皆さん質問に答えていきたいと思います。決して経験のない理論や解説だけを披瀝するコンサルタントではありません。
まずは初回ということで、私自身の起業の経緯を簡単に紹介します。 “独立開業 山口恭一の実践!起業成功のコツ” の続きを読む

建設通信新聞 2004年(平成16年)11月1日(月曜日)

DAKARA元気 注目企業
(株)トータル・サービス

会社概要

  • 所在地=東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル
  • 設立=1982年
  • 資本金=7800万円
  • 売上高=約15億円
  • 事業内容=エコビジネス3業種(ビル・住宅・車関連)18事業フランチャイズ
  • 本部、新規フランチャイズ商品開発
  • 従業員数=60人
  • 電話=03-3340-0078
  • ファクス=03-3340-5430
  • 代表取締役社長 山口 恭一氏

住宅、ビル、車関連3分野のリフォーム、リペアで18事業のフランチャイズ(FC)を全国展開しているトータル・サービス。主に米国から技術を買い、日本の中小企業に売ってコンサルティングをしている。FCというものの、ただ技術だけを売っているわけではない。山口恭一社長は「資金繰り、節税対策、人材の募集、教育など“営業と人と金”のコンサルティングまでを行う」と、売った技術を広めるため、加盟店がどのようにすればうまく仕事ができるかまでを考えている。 “建設通信新聞 2004年(平成16年)11月1日(月曜日)” の続きを読む

独立開業 山口恭一の実践!起業成功のコツ

第2回 FC本部の選び方

いうのも言えると思います。
このように考えると、やはり細かいチェックも必要ですが「実践的なポイント」を知っておくことが大切になってきます。

10〜20年後に、加盟を考えているフランチャイズの商売(業種・業態)が有り続けるか?

これは、FC本部云々というより、商売が成立し続けていくかどうかということです。まずはそこから自分自身で予測しなければいけません。いくらいい本部でも流行り廃りがあれば、そのビジネス自身に引きずられ、失敗してしまうのです。 “独立開業 山口恭一の実践!起業成功のコツ” の続きを読む

失敗しないためのフランチャイズ本部の選び方

失敗しないためのフランチャイズ本部の選び方

星の数ほどあるフランチャイズ本部から、相性のいい本部を見つけ出すことは結婚相手を選ぶのと同じぐらい難しい。
失敗しないためには具体的にどのような点に留意して本部を選べばよいのか、識者に聞いてみた! “失敗しないためのフランチャイズ本部の選び方” の続きを読む

経営者会報 2005年6月号

私を支えた言葉
何をやるかより誰とやるかが大事

トータルサービス(株)社長
山口 恭一(49歳)
やまぐち きょういち氏

1955年生まれ。25歳で独立。80年、山口商会を創業。82年現会社に改組。アメリカからビュービジネス(ハウスクリーニングやリフォーム技術)を次々に導入し、全国でFC事業およびFC化事業を展開。現在、ビル・住宅・車の3分野18事業で600企業が加盟。年商14億円(グループ計60億円)、従業員60名(同1000名)。本社・東京都新宿区。

会社を立ち上げて今年で25年になる。振り返れば、人生の節目節目で“いい出会い”があった。飛び込み営業を始めたとき、25歳で独立を考えたとき、仕入先の倒産を乗り越えフランチャイズ化を実現したとき、技術を求めて一人渡米したとき……私にはいつも相談できるよき先輩経営者や、信頼できるパートナーとの出会いがあった。 “経営者会報 2005年6月号” の続きを読む

週刊ザ・リフォーム THE REFORM 2005.8.23 第693号

人手・金・時間がない中小会社が勝つ方法とは

他社と差をつける営業戦略
〜ターゲット絞り込みで勝てる営業術〜
トータルサービス社長 山口恭一氏

「当社は私が25歳の時に創業し、今年でちょうど25周年を迎えます。現在本体だけで売上12億円、グループを入れると100億円近くにまで成長しました」と山口恭一社長は話し出した。 “週刊ザ・リフォーム THE REFORM 2005.8.23 第693号” の続きを読む