月刊頭で儲ける時代 2004.3

No.510 あいであ・らいふ

株式会社トータルサービス
代表取締役社長
山口恭一氏

「改善とチームワークが長年のテーマ」

環境にやさしい天井のリフォームやバスタブ、インテリア、クルマなどのリペアで躍進している(株)トータルサービスは、現在「FCのデパートメントストア」をビジョンに、複数の無店舗型サービスFC事業を全国に展開中。“人づくり”を経営理念としている。

やまぐち・きょういち
1954年福島県生まれ。東京大学の受験に失敗し2年間の浪人生活を送る。高校時代の同級生が将来のビジョンを語り始めたのを聞き、自分の道を模索する。進学を断念し、軽視者の道を決断。営業を学ぶために、飛び込みのレジャー会員権の販売会社に入社。4年間勤務。当時はトップセールスマンとして数十人の部下を持ち、年収も1000万円を超える。1980年に24歳で独立し学生アルバイトを2名雇って、「山口商会」を創業、出張クリーニングを開始。その後1982年に(株)トータルサービスに改組し社長に就任。 “月刊頭で儲ける時代 2004.3” の続きを読む

「オーナー」経営者と管理職への情報提供誌 OWNER 2000 October Vol.112

経営理念は「人づくり」
目指すはフランチャイズのデパートメントストア

東大へ行った友人たちが将来のビジョンを語り始めたとき、浪人中の自分には何もないことに気がついた。これから大学へ入ってサラリーマンになっても、同世代には後塵を拝してしまう。どうしたらいいか悩んで出した結論が、一国一城の主。すなわち経営者の道だった。山口恭一さんが、起業家を目指したのは弱冠20歳のとき。技術系ではない自分ができるのは営業力を養うことだと、まずレジャー会員権のセールスを始め、1年で年収1千万円以上のトップセールスマンに。アテはなかったが、25歳で独立。やがて「汚れる商売は廃れない」にヒントを得て今日を築いたのは、よく知られたエピソードだ。 “「オーナー」経営者と管理職への情報提供誌 OWNER 2000 October Vol.112” の続きを読む

SPOTLIGHT

“捨てない”“壊さない”“取り替えない”でリペア・リフォームFCを全国展開
常に新規事業を考案し続け20年先に残れる企業を目指す

(株)トータルサービス

リペア・リフォーム関連17業種を展開しFCは520店余りに

1980年の創業以来、24年連続して経常黒字を出し続けている企業がある。東京・西新宿に本社を置く、(株)トータルサービスだ。
同社は「捨てない」「壊さない」「取り替えない」をモットーに、ビルや住宅、車関連のリペア、リフォーム関連のFC事業を次々と展開、現在、全国で17業種、520店余りの加盟店をもつ。
その事業展開は極めてユニークだ。例えば89年にアメリカの外壁クリーニング業界最大手、スパークルインターナショナル社とライセンス契約を結んで始めた「スパークル・ウォッシュ」は、それまで日本ではほとんど認識されなかった“ビルの外壁の洗浄”というニーズを掘り起こした。 “SPOTLIGHT” の続きを読む

DKMマネジメントレポート Vol.330 1995 JULY

米国から新しいクリーンビジネスを導入しフランチャイズ展開で急成長を遂げたトータルサービス

会社概要
名称 トータルサービス
設立 昭和57年5月(創立昭和55年1月)
代表者 代表取締役社長 山口恭一
資本金 3000万円
売上高 10億円
本社 〒160 東京都新宿区西新宿7-22-12
泉ホシイチビル
TEL 03-3363-1155(大代表)
従業員数 本社61名、技術者(グループ)266名
関連会社 株式会社トータルサービス東京
加盟店数 214社
事業内容
スパークル・ウォッシュ、シーリング・マジック、ブラインド・マジック、バスタブドクター、ハウスクリーニング、ウッドクリーニングの各全国フランチャイズ本部、ノンスライド代理店本部、特殊メンテナンス直営工事、特殊車両・機械の輸入販売、各種ケミカル・コーティング剤の輸入販売。

「フランチャイジーの成功は、起業家だという自覚をもつことです」山口恭一社長

アメリカからフランチャイズ・システムとともに新しいクリーン・ビジネスを導入して、ビルの外壁、内壁、天井などの特殊メンテナンス分野に大きなニーズがあることを証明してみせた若き起業家の率いる(株)トータルサービス社。そのきっかけは「汚れる商売はすたれない」という言葉だった。 “DKMマネジメントレポート Vol.330 1995 JULY” の続きを読む

広報特集 FC企業研究

米国特殊メンテナンス技術の導入で急成長する(株)トータルサービス

1989年、アメリカからクリーン・ビジネスの最新技術を次々と導入、新規事業展開を始めてからわずか6年。それまで日本には、その概念すらなかった「特殊メンテナンス業」というニュービジネスを成功させ、FC界の話題をさらっている。同社の掲げる「アントレプレナーおよびアントレプレナー精神をもった人材の育成」と「ニューマーケットの創造」という経営理念が多くの人々の心をしっかりととらえているのだ。 “広報特集 FC企業研究” の続きを読む

NIKKEI VENTURE 1995.6

対談「最新アメリカFC事情」
“新ビジネス創造”のヒントを探る

(株)トータルサービス 社長
山口恭一氏
VS
(株)野田国際経営研究所 代表
野田由紀子氏

今年のショウカタログと出展ビジネスのパンフレット

いまやビッグビジネスに成長した数々のFCも、かつてはこの小さなブースから生まれた、といわれる全米最大の展示会「’95 International Franchise Expo」が、去る4月21日〜23日、ワシントンD.C.で開催された。今年は、はたしてどんなビジネスが産声を上げたのだろうか。アメリカン・クリーンビジネスをいちはやく導入しFC展開をはかる(株)トータルサービス社長山口恭一氏と、ニュービジネス情報を発信し続ける(株)野田国際経営研究所代表野田由紀子氏に、最もホットな情報を聞いた。 “NIKKEI VENTURE 1995.6” の続きを読む

T9506P01 食 親しい人とくつろぐ店

Q.E.D.CLUB
ザ・ダイニングルーム

フランス料理の旋律が響く豊かな食の空間

●推薦者
山口恭一氏(40)
トータルサービス社長

恵比寿駅西口から中目黒方面に入った山の手らしい静かな一角。車道が行き止まりになった先に、Q.E.D.CLUBの高い門扉が待ち受けている。
1100坪(3630平方メートル)以上の敷地に、ダイニングルームのほか、バーやラウンジ、グリルルームなどがあるクラブハウス本館、和食の別棟、茶室などが配され、斜面には日本庭園が広がる。建物、内装、サービスのいずれもが超一級レベルの、和・洋の料理を提供する会員制クラブである。
基本的にはメンバーに限っているが、本館のフランス料理「ザ・ダイニングルーム」は、パブリックスペースとなっていて、会員以外のビジターも利用できる。ビルの外壁洗浄事業を展開するトータルサービスの山口恭一社長は、クラブ創立当初からの会員で、ここをよく使う。 “T9506P01 食 親しい人とくつろぐ店” の続きを読む

経営者会報 95年4月号

社長の神様
話題起業の社長にみる苦しいときの心の拠り所

経済ジャーナリスト
中村 芳平

社長は孤独であるといわれる。右するか左するか、進むか退くか、最終決断は常に自分1人で行なわなければならない。その孤独な作業や困難にぶつかったとき、社長は一体どこに心の拠り所を求めるのか。何を神様として、やすらぎを求めているのか——。
3人の経営者の体験談に、苦しいときの心の拠り所、心の支えを探ってみる。 “経営者会報 95年4月号” の続きを読む

日経ビジネス NIKKEI BUSINESS 1995-2-27

資格制導入し新事業の長を育てる

現在主力になっている外壁保全事業は、素材などによって80種類の薬剤を使い分けて汚れを落とす。洗浄後は26種類のコーティング剤を使って、汚れを付きにくくする。薬剤を使って洗浄するため、高い圧力で水洗いする従来の方法に比べて傷付きにくいだけでなく、外壁の形状に関係なく汚れが落ちるという。
大手不動産会社のビルメンテナンス部長は「ビル外壁などの清掃事業と言えば、1回限りの契約でアフターサービスが十分でないものが多く、結果的にコストが高くついていた。トータルサービスの商品は一見高く見えるが、長期の視点に立てば競争力がある」と評価する。東京ドームなど複雑な形状の建築物の実績も積んでおり、外壁の清掃・保全技術では日本でトップクラスの地位を確立している。
山口恭一社長はベンチャー経営者の間では有名な存在。大学受験に2度失敗し、進学をあきらめて起業家の道を選んだ。レジャー会員権の販売会社を経て24歳で独立。ビジネス書を読みあさり、独学でハウスクリーニング事業を切り開いた。今や、起業に関する講演会などでは、常連の講師の1人に数えられているほどだ。 “日経ビジネス NIKKEI BUSINESS 1995-2-27” の続きを読む

T9502P01

トータルサービスの商品と事業展開とは?

「優秀な人ほど、わからないことがあると、すぐに人に聞き、本を読み、自分の頭で考えている。だれでもできそうなこれらのことをきちんとする人が『できる人』です。そのためにはなによりも自立心=自律心のある人材がこれからは大切になる。自分のことは自分で責任を持ち、人に頼らずに自分ですべて判断できる人です」
この言葉はまさに山口恭一社長の経験から生まれたものだ。山口恭一社長が会社を興したのは、80年、25歳のとき。学生2名をスタッフに高田馬場でインテリアクリーニング業「山口商会」を創業した。
「創業のころは『やるしかない』わけで、ただただ頑張るだけだった。おりしも第2次ベンチャーブーム。若いというだけでマスコミに取り上げられましたが、おかげで先輩経営者たちと豊富な人脈ができた。これが私の一番の宝。そうした先輩経営者から2つの貴重なアドバイスをいただいたんです。ひとつは『自分のビジネスのルーツをよく勉強すること』。もうひとつは『日本より20年は進んでいる米国のビジネスに触れること』でした。それでクリーンビジネスの最前線をこの目で確かめようと、84年に渡米したのです」(山口恭一社長)
89年、米国でのリサーチをもとに、外装保全業の最大手、スパークル・インターナショナル社と業務提携。翌年、「スパークル・ウォッシュ」のフランチャイズ展開を開始した。 “T9502P01” の続きを読む